機内持ち込み手荷物の知識 【リチウムイオン電池の制限】

はじめのてのハワイへ行く準備として、国際線の飛行機に持ち込める荷物について調べたら、
大容量のリチウムイオンバッテリーには、持ち込みの制限があることがわかりました。

 

機内持ち込み手荷物には、リチウムイオンバッテリーの容量制限がある(国際線)

ハワイ旅行へ、レンタルWifi、スマートフォンやタブレットPC、ノートPC、デジタルカメラを持っていこうと思いました。

この中でも特に、レンタルWifi、スマートフォン、タブレットPCは、電池切れの心配をなくすために、予備の電池として大容量のバッテリーを持っていくことを考えました。

現地での滞在中、夜にホテルに帰れば、電源があるので、充電をできるのですが、

昼間の外出中に、もし電池切れを起こしてしまったら、という心配をなくすために、
大容量の予備の電池があれば、安心です。

今回、ハワイ旅行へ向けて用意した予備の電池として選んだのは、

大容量のモバイルバッテリーです。

Amazonで人気のAnker(アンカー) PowerCore 20100です。

機内に持ち込める手荷物の中身は
持ち込めるものと、持ち込めないものがある
ことが分かったので、

このバッテリーについて、調べていったら、

どんなバッテリーでも機内に持ち込んでいいのか?というわけではなく、
容量に制限があることがわかったのです。

こちらに、国土交通省が定めている「航空機の持込・お預け手荷物における危険物について」の情報がありました。

機内持込・お預け手荷物における危険物について

ここに定めているルールは、

予備のリチウム金属電池/リチウムイオン電池の機内持ち込み手荷物には、

・リチウムイオン電池:

ワット時定格量が100Wh以下のものは、個数の制限なし
ワット時定格量が100whを超え160w以下のものは2個まで

・本体内蔵及び予備電池に関わらず
160Whを超えるものは機内持ち込みも手荷物預け入れも不可

・どんなリチウムイオン電池でも、「お預け手荷物」にはできません

というルールが定めてありました。

ちょっと、わかりずらいですよね。

 

100Whとか160Whの、Whってなに?

「ワット時定格量(Wh)」とは、

仕事率のW(ワット)と、時間のh(hour)の積のことで、エネルギーの大きさを示す単位のことでした。

そして、ワット時定格量(Wh)は、電圧(V)と 電流容量(Ah)の積で求められます。

ワット時定格量(Wh) = 電圧(V) × 電流容量(Ah)

 

Anker(アンカー) PowerCore 20100は、取扱説明書によると、

電流容量が20100mAh/72.36Whと記されていました。

ワット時定格量(Wh)は、72.36Whとなっているようです。

上の計算式に当てはめて、計算してみます。

ちょっとわかりずらくなるので、電流容量の20100mAhを、Ahに単位換算します。

20100mAh ÷ 1000 = 20.1Ah

そして、電圧(V)は、パナソニックのセルを使っているので、3.6(V)だと思われます。

 

これを計算式に当てはめると・・・

ワット時定格量72.36Wh = 電圧3.6(V) × 電流容量20.1(Ah)

となります。

 

先ほどの、機内持ち込み手荷物のルールでは、

・リチウムイオン電池:

ワット時定格量が100Wh以下のものは、個数の制限なし

に該当するので、

100whよりも少ない容量の72.36Whと、判断できます。

100Wh > 72.36Wh

 

つまり、
 
Anker(アンカー) PowerCore 20100は、持ち込みはOK! 

ということになります。

「個数の制限なし」なので、何個でも持ち込めるということになります。

実際に、このバッテリーを手荷物の中に入れて、ハワイ旅行へ行ってきました。

出国の検査にも、ひっかかりませんでした。

ちなみに、これより上位のAnker PowerCore+ 26800は、計算してみると、96.48whなので、持ち込める容量です。

 

大容量リチウムイオン電池の機内持ち込み制限のまとめ

これから持って行こうと思うアンカーの大容量バッテリーは、大丈夫かな?と心配されている方も、
上記のように計算すれば、答えが導けると思います。

そして、リチウムイオン電池の機内持ち込みのルールは、
以下のことを守ればOKだと思います。

1.100wh以下は、何個でもOK 

2.100whから160whのものは、2個まで 

3.「お預け手荷物」には、入れることができない 

 

大容量リチウムイオン電池の機内持ち込み制限の最新情報は、自己責任で確認

以上が、自分で調べた情報ですが、こういった予備電池の機内持ち込みルールというのは、
その時の時代背景によって変わっていくものです。

この記事を書いた時点の情報ですので、時間がたてば、ルールが変わっているかもしれません。

最終的な判断は、航空会社など、公的機関の判断によりますことを、ご理解願います。

 

最新の情報は、国土交通省のサイトや、ご自身が利用する航空会社のサイトで、
ご確認をお願いいたします。

それでは、楽しい旅を!

 

One Response to “機内持ち込み手荷物の知識 【リチウムイオン電池の制限】”

  1. […] こちらの記事で、機内に持ち込むリチウムイオンバッテリー(モバイルバッテリー)の制限について説明しています。 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ