機内持ち込み手荷物の知識 【サイズと重量の制限】

はじめのハワイへ行く準備として、国際線の飛行機に持ち込める荷物について調べたら、
大きさと重さに、制限があることがわかりました。

機内持ち込み手荷物には、サイズの制限がある(国際線)

機内に持ち込める手荷物は、身の回り品(ショルダーバッグ、バックパック、ブリーフケース、ハンドバッグ、ノートパソコン、カメラなど)が持ち込めるほかに、小型のスーツケースの大きさに制限があります。

国際線の機内に持ち込める手荷物のサイズは、おおむね、

3辺の合計が115cm以内

となっているので、注意が必要です。

航空会社によって、違いがあるので、検索してみてください。

下記のように、キーワードの最後に、調べたい航空会社の名前をを入れると、わかるかと思います。

例:デルタの機内持ち込み手荷物のサイズ

キーワード【機内持ち込み手荷物 サイズ 国際線 デルタ】

私は、ハワイへ何回も行きたいので、機内に持ち込めるリモワのスーツケースを、購入してしまいました。

 

機内持ち込み手荷物には、重量の制限がある(国際線)

航空会社によって違うのですが、重量が7~10Kg前後と決まっているので、注意が必要です。

ちなみに、私はチャイナエアラインの虚空会社で、7Kgの制限がありました。

ギリギリだったので、冷や冷やしました。

空港でチェックインの際に、重量を計測されるので、オーバーしていると、預け荷物として扱われます。

 

行くときの荷物の重量には、注意が必要です!

なぜなら、

海外旅行へいけば、日本にいる大切な人のことを思い出して、お土産を買いたくなります。

つまり、

行きよりも、帰りのほうが荷物は増えるのです。

ですから、行くときの荷物は、帰りのことも計算して、なるべく必要なものだけに絞ることが大切です。

こういうのがあると、便利です。

正式な名称は、正直、わからないのですが、ラゲッジチェッカーといえばいいのでしょうか?

画像のように、自分で手荷物の重量をはかることができます。

ラゲッジチェッカーの本体です。

手荷物の取っ手にベルトを回して、重量をはかれます。

ハワイで、お土産を買いすぎちゃったけど、重量は大丈夫かな?

なんて思ったことは、ないですか?

 

事前に、重さがわかっていれば、チェックインのときに、オーバーしているのだろうか、
それとも・・・

なんて心配もなくなります。

気持ちに、余裕を持って対応できますね。

ラゲッジチェッカー スーツケース はかり ベルト 小型軽量 風袋引き機能付

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ