機内持ち込み手荷物の知識 【液体物の制限】

はじめてのハワイ旅行の準備として、国際線の飛行機に持ち込む荷物について調べていったら、
液体物に関して、持ち込めるもの、持ち込めないもの、の制限があることが分かりました。

機内に持ち込めない液体物の制限

国際線の場合、あらゆる液体物は、航空機内への持ち込みの制限があります。

成田空港内にあった、液体物の持ち込みに関する説明が書いてある展示物です。

機内は、乾燥すると聞いていたので、ペットボトルで飲み物を持ち込もうとしたんですが、
こういうのも完全に禁止でした。

飲み残しはこちらへ、と書かれていたところに捨てるしかありません。

航空機へ飲み物を持ち込むには、出国の手続きが済んだあとに、出発ゲート前の売店で買うことができました。

その展示物の下に書いてあった説明です。

海外に行くと日本の味が恋しくなるので、醤油などを持って行きたくなりますが、
これも持ち込み禁止です。

ただし、預け手荷物には、入れてもOKです。

違う場所には、「こんなモノも液体物!」と書かれた展示物がありました。

ここで展示されているのは、以下のものです。

【液体調味料】例:生わさび、マヨネーズ(預け荷物はOK)

【水分を多く含むパック詰め食品】例:しば着(預け荷物はOK) 

【液状の化粧品】例:サンオイルローション(預け荷物はOK)

【液状レトルト食品】例:カレーのレトルト食品(預け荷物はOK)

【100ml以下のもの】例:目薬、歯磨き粉、ハンドクリーム(機内持ち込みOK)

【水分を多く含む缶詰食品】例:ドールのトロピカルフルーツミックスの缶詰(預け荷物はOK)

【ハミガキ粉】例:GUMの歯磨き粉100mlを超えているパッケージ(預け荷物はOK)

【凍った液体物】例:ハーゲンダッツのアイスクリーム(預け荷物はOK)

【スプレー類】例:ギャツビーのヘアスプレー(預け荷物はOK)

【味噌】例:料亭の味 味噌(預け荷物はOK)

【デザート類】例:プッチンプリン(預け荷物はOK)

【水分を多く含むビン詰め食品】例:たこわさびビン詰め(預け荷物はOK)

【スノードーム】例:液体の入ったスノードーム(預け荷物はOK)

このような感じで、液体物に関して「機内持ち込みの手荷物」には、厳しい制限があります。

「預け手荷物」の場合なら、ほとんどOKなんですけどね。

 

本当に全部ダメなのかというと、そうではなくて、

「液体物の機内持ち込み」には、持ち込みルールがあります。

次で説明します。

 

液体物の機内持ち込みルール 100mlルール

機内に液体物を持ち込むのは、完全に禁止しているわけではありませんでした。

「100mlルール」というものがあります。

1.100ml以下の個々の容器で
2.1リットル以下のジッパー付き無色透明プラスチック袋に
3.1人1袋まで、検査トレーへ

この条件を満たせば、液体物を手荷物として持ち込むことができます。

成田空港に展示されていた、具体例です。

このような感じで、100ml以下の容器を揃えて、必要なら、100円ショップなどで買った容器に移すなどの対策をして、透明で閉じることができる袋に入れれば、持ち込むことが可能です。

女性なら、化粧品などをこうして持ち込むことができます。

私の場合は、リモワのスーツケースを購入したら、中に液体物をパッキングするのに使えるものが入っていました。

こういうのって、絵でかいてあるので、わかりやすいですね。

これで、事前に分かったようなものです。(リモワさんありがとう!)

100ml以下の容器で揃えても、透明なプラスチックの袋に入っていない場合は、持ち込めません。

この袋は、ジップロック フリーザーバッグを使うと便利です。

袋のサイズは、縦20cm以下×横20cm以下が目安です。

 

液体物を機内に持ち込みたい場合は、このルールを守ればOKなのです。

このような情報は、事前に知っておいたほうが、いいですよね。

自宅でパッキングするときに必要な情報です。

成田空港に着いてからこの情報を知った場合は、ジップロックを購入できるところがあるので、現地でパッキングすることもできます。

成田空港 ジッパー付き透明プラスチック袋 販売店の一覧

 

出国手続き後は、自由に液体物を買える

出国手続き後に、免税店などで購入した場合は、持ち込みが可能です。

出国手続きの持ち物がチェックされた保安検査が終われば、そのあとのエリアにある免税店などで、飲み物を買うことができます。

免税店のエリアでは、いろいろなお店が並んでいます。

ここで買ったものは、持ち込みがOKです。

「液体物の持ち込み制限」のもっと詳しいことは、こちらのページで確認できます。

国土交通省の国際線の航空機客室内への液体物持込制限について
(平成27年10月1日 現在)

量的制限の対象となる液体物のリスト

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ